FXなら1万円から取引ができます

外国為替市場は24時間休みなく動いています。外国為替証拠金取引でチャンスをつかむには市場の動きを注意深く見守らねばなりませんが、不眠不休でマーケットをウォッチすることはできません。特に仕事や勉強があればなおさらです。当サイトでその仕組みを学びましょう。

FXなら1万円から取引できます

皆さんは「資産運用」とはお金持ちの人たちがやるものだと思つていませんか?。

 

外国為替証拠金取引は、改正外為法の施行をきつかけに生まれた、個人向けの画期的な金融商品で、お金持ちでなくても誰でも手軽に取引できるのが魅力です。

1万円で1000米ドルの取引が可能

金融機関などが為替を取引するインターバンク市場での取引単位は、米ドルの場合で100万ドルです。1ドル=100円として1億円ですから、個人にはとても手が出せない金額と言えます。

 

外国為替証拠金取引は、個人が気軽に参加できるように、まず取引単位を1万ドルに小口化しました。しかも、1万ドルの取引を10万円の担保(証拠金)で行えるようにしたのです。取引単位の小口化によって、個人の資産運用にまったく新しい選択肢が生まれました。

 

多くの利用者の声に応えて、サイバーエージェントFXが提供している「外貨ex」では、取引単位をさらに小口化しました。米ドルなら証拠金1万円で1000米ドル、豪ドルなら8000円で1000豪ドル、ニュ−ジーランド(NZ)ドルも8000円で1000NZドルの取引が可能です。なお取引できる金額は預ける金額の約10〜200倍で、小額の資金で効率の高い運用ができるようになっています。

 

「証拠金取引をはじめてみたいのだけど、いきなり1万ドル買うのはどうも……。と心配に思われる方はためしに1万円の証拠金で1000米ドル購入してみてはいかがでしょう。実際に為替取引をやってみると、国際的な経済や政治にかかわるニュースに非常に敏感になります。

 

たとえば、あなたが保有している米ドルがある朝、急に下がれば、「なぜだろう」とその原因を調べたくなるでしょう。すると、昨夜のニューヨーク市場で米ドルが急落したこと、その理由は当日発表の米国雇用統計の数字が予想より悪かったこと、などが分かります。このように、為替が変動する原因を探っていくことによって自然に経済の勉強ができるのです。

外国為替の取引で生きた経済が身に付く

ビジネス書や経済に関する本を買おうとすると、1冊あたり2000円近くかかります。そして、それらの経済書から本当に生きた経済を学ぶのは、至難の技です。

 

マネー

 

なぜならそうした専門書は最新の情報を掲載するのに限界があります。また、書物は一方通行の情報でしかないので、書いてあることを体感するのが難しいからです。

 

しかし、「外貨ex」を使えば、ビジネス書5冊分ほどの金額で1000米ドル購入することができ、それらを運用するなかで、自然と生きた経済を身に付けることができるのです。うまくいけば、経済知識と運用益の一石二鳥を狙えるかもしれません。外国為替は国際経済の最も重要な指標の1つであり、世界中が注目しています。また株式、債券、短期金利などほかの市況にも大きな影響を与えるので、為替をよく知ることで、幅広い資産運用に役立てることも可能になります。FXを始める時はしっかりとFX比較もするようにしましょう。