FXの指値注文の説明

外国為替市場は24時間休みなく動いています。外国為替証拠金取引でチャンスをつかむには市場の動きを注意深く見守らねばなりませんが、不眠不休でマーケットをウォッチすることはできません。特に仕事や勉強があればなおさらです。当サイトでその仕組みを学びましょう。

指値注文でチャンスを逃さない

さて、ずっとパソコンにかじりついている時間がないというあなたのために、とても便利なサービスがあります。あらかじめ売買の条件を決めておいて予約注文を出す「条件注文」です。具体的には、「ある通貨の為替レートがいくらになったら買う、あるいは売る」という条件を決めておき、その条件に合った注文を出しておくのです。これによって、為替相場の動きに一喜一憂することなく、安心して証拠金取引を行うことができます。

 

さて、条件注文の基本になるのが「指値注文」です。これは「1ドル=103円になったらドルを売る1ドル=97円になったらドルを買う」というように、自分の選んだレートになったら売買を行う注文方法です。この方法は、価格が「円高になったら買う=円安になったら売る」という場合に使います。

 

たとえば、1ドル=100円で買ったドルを103円で売って利益を確定したいと思うときは、1ドル=103円の売り指値注文を出しておきます。同じように、今は1ドル=100円であるドルが97円に下がったら新規に買いたいという場合には、1ドル=97円の買い指値注文を出します。

 

このように、あなたが狙ったレートでの売買を逃さないよう、あなたに代わって常に為替レートを監視し、狙ったレートに到達したらすぐさま売買を行うのが指値注文です。この注文を活用すれば、放っておいてもチャンスを逃さず取引ができます。