FXは働く人の強い味方

外国為替市場は24時間休みなく動いています。外国為替証拠金取引でチャンスをつかむには市場の動きを注意深く見守らねばなりませんが、不眠不休でマーケットをウォッチすることはできません。特に仕事や勉強があればなおさらです。当サイトでその仕組みを学びましょう。

FXは働く人の強い味方

最近、資産運用の重要性がさかんに取り上げられています。とは言え、資産運用にはある程度の知識とそのために使える時間が必要です。「資産運用に取り組まねばならないのはよく分かっているが、仕事が忙しくてなかなか時間がっくれない」というビジネスパーソンの声をよく耳にします。

株取引はわずか6時間の取引

資産運用と言えば、まず株取引があります。インターネット取引の普及や手数料の自由化、売買単位の小口化などによって、株取引に関心を持つ、あるいは実際に取引を行っている個人投資家が急増しています。しかし、日本の株式市場が開いている時間帯は、午前9時から午後3時までの約6時間です。昼間忙しいビジネスパーソンが、市場を見守りながら取引するのはなかなか難しいものがあります。結果利益を上げるチャンスも減少するということになります。

 

こうした事情から、最近では株式のトレーディングに専念するために会社を辞める若いビジネスパーソンも見られるようですが、そんな転身はあまりにもリスキーです。

証拠金取引は働く人にピッタリ

これに対して、外国為替証拠金取引の大きなメリットは世界の市場が開いている月曜の朝から土曜の朝までの平日24時間、いつでも取引ができる点にあります。世界の三大市場を例にとると、東京市場が終わる前の午後5時くらいからロンドン市場が開きます。そして、日本時間の夜10時くらいにニューヨーク市場がオープンし、取引の中心が移行します。このため、証拠金取引であれば、ビジネスパーソンが会社から夜遅く自宅に帰った後でも、マイペースで取引に専念できるのです。

 

実際、若いビジネスパーソンには、帰宅後に2時間とか3時間とか時間を限定して「デイトレード」を行っている人が増えています。デイトレートとはその日に買った(売った)ポジションをニューヨーク市場が閉じる日本時間午前7時までに売って(買って)決済することです。多くの為替事業者はデイトレートに対して取引手数料の優遇措置を設けています。また、スワップポイントがつかないので高金利通貨を売る場合も安心です。

 

つまり、証拠金取引ならば、仕事と資産運用を両立することができるのです。証拠金取引は忙しいビジネスパーソンの強い味方となるでしょう。

 

ところで「外貨ex」では為替レートが事前に指定したレートに達すると、すぐに通知するお知らせ機能、「リミッターメール」を備えています。これはパソコンだけでなく、携帯電話でも受け取ることができます。24時間、あなたに代わってマーケットを見守るこのサービスも上手に活用したいものです。